同友会より−代表挨拶

【21.01.01】新春あいさつ

あけましておめでとうございます

 \; あけましておめでとうございます

 会員の皆様におかれましては、お正月をご家族や社員の皆様と穏やかにお迎えのこととお慶び申し上げます。年頭にあたり、ご挨拶申し上げます。
 昨年は新型コロナウイルスによる猛威が世界中を席巻し、今までの常識が覆された一年となりました。消費税増税の影響もさながら、中小企業だけでなく大企業までもがその影響を大きく受けております。
 本年はこの状況をふまえ、ウィズコロナや新生活様式など、今までにない取り組みがさらに加速の度合いを増していくことと推察します。
 山梨同友会においては、「激動をよき友に」
「一社もつぶさない」を合言葉に、本年も中小企業家として声を上げ、経営環境改善に取り組んでまいります。例会や各種活動もオンラインを取り入れたハイブリッド型を中心に、学びの場を広げる活動を進めてまいります。
 取り組みの一つ目は、新ビジョンの策定です。二〇二〇年ビジョンを振り返り、新たな山梨同友会としての取り組みの方向性や二十一世紀型企業のあり方を考えます。
この時、県内各地域における地域ビジョンを同時に検討していきたいと考えています。これは、同友会理念の三つめである、『国民や地域とともに歩む中小企業』を基にわたしたちが考える「これからの地域のあり方」を内外に示すものとしたいです。県内五支部が核となり、山梨県はもとより各市町村の行政、教育、経済団体などの諸機関とともに、地域の課題を解決していくパートナーシップを築き、真の中小企業の代弁者「社会的パートナー」となるべく、組織強化や連携強化に努めてまいります。
 二つ目は、会内組織の充実です。会員の拡大とともに経営課題も多岐にわたります。
同友会の三つの柱「経営指針」「社員共育」「人材採用」の課題解決のための委員会の充実を図ります。具体的には、共同求人委員会の設置を目指します。
 三つ目に、会員の連携がさらに強化できるように組織・体制の見直しを検討します。会員資格や役員の職務の明確化などを通じてわかりやすい組織運営を図り、会員誰もが取り組みやすい同友会運動を目指します。
 会員の皆様も身近な経営者、経営後継者を同友会にお誘いください。お互いに学び合い、刺激し合い、切磋琢磨する時間と空間を共有して、よい会社、よい経営者を共に目指しましょう。先輩経営者の皆様には、ぜひその知識と経験を後輩経営者のために活用させてください。
 今年は丑年です。私事で恐縮ですが年男になります。一歩一歩着実に、たとえ牛歩でも確実に前に進む覚悟です。向かい風にひるまず、逆境をおそれず、よりよい経営環境をわたしたちでつくっていきましょう。
 結びに、会員の皆様の益々のご活躍と各企業のご隆盛をご祈念申し上げます。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
同友会よりの目次へ
同友会とは?へ
活動内容へ
入会案内へ
所在地・連絡先へ
行事予定表へ
リンク集へ
同友会活動支援システムe-doyu
同友会会員企業検索のページへ
中小企業家同友会全国協議会のサイトへ
中小企業家同友会共同求人サイトJobwayへ
RSS